即日で借入れできるオススメ業者をご紹介!

アコムは自営業でも借りれる?

自営業の方でもアコムを利用している方は多いようですよ。
公務員や大手企業などに比べて、どちらかと言うと安定していないような印象があるため、ご自身で「消費者金融の契約はムリだろう」と諦めている方もおられるようですが、収入が確保されていれば問題ありません。

 

・事業用の借り入れとは別口に計算される
消費者金融での借り入れは、住宅ローンのような大口の借り入れとは別の計算で、上限の借り入れ金額が決まります。
原則として50万円以内の借り入れであれば、自営業であっても収入を証明する「確定申告書」などの提出を求められないですし、それ以下の金額であれば、もっと審査はスムーズになります。

 

・問題は他社借り入れ
自営業の方でも運転免許証などの身元を証明すれば、アコムの「むじんくん」や営業窓口でカードを発行してもらえますが、問題は「ほかで借りている借金の内容」ですね。
同系列の消費者金融を使って、100万円を超える負債がある場合には、納税証明などで自分の年収を証明する必要があります。
また、アコムに限りませんが、貸金業者は顧客のデータを共有しているため、他社でブラック(延滞や未払いがある)になっていると、新規の契約は限りなく不可能に近くなります。

 

担保を入れずにお金が借りれるローンの事を無担保ローンと言います。

 

無担保ローンと聞くと余り聞き慣れないかもしれませんが、実は知らないうちに無担保ローンを利用しているかも知れませんよ?

 

現在多くの人が利用しているフリーローンというのがあります。

 

フリーローンの多くが担保を差し出す必要のない無担保ローンとなっています。

 

例えばクレジットカードでキャッシングをする際に担保はいれなくてもいいですよね?

 

これも無担保ローンと一緒です。

 

無担保ローンの仕組みはどうなっているのでしょうか?無担保ローンは担保が全くない訳ではありません。

 

ただその担保は物ではなく、消費者の信用が担保となっています。

 

信用とは借入を申し込んだ人の社会的地位や収入、それに財産等を指しています。

 

ですから無担保ローンを申し込んだ際には必ず審査があります。

 

有担保ローンでも審査はありますが、無担保ローンの方が信用調査はきっちり行われるでしょう。

 

無担保ローンの多くは限度額が50万円程度の物が多いですが、現在では300万円まで借り入れが出来る無担保ローンもあるようです。

 

しかも原則保証人や収入証明書が不要となっている無担保ローンが多く、手軽に申し込めることから無担保ローンの利用者は増えてきているのです。

続きを読む≫ 2014/07/13 02:19:13

リース債権ファイナンスローンとはリース会社の資金調達方法を指している言葉です。

 

リース会社は、機械や設備などを企業にリースすることで収入を得ています。

 

企業に対して継続的にリース料金を得ることをリース債権といいます。

 

企業側もメリットがあります。

 

設備投資では初めに多額の資金が必要になりますが、リースを利用することで、機械設備を利用できますし、手元の資金を有効に使うことができます。

 

またリース代だけで、最新の設備を利用できるので、企業にとってもお得なのです。

 

このリース債権を担保として金融機関から資金を借入れる調達方法がリース債権ファイナンスローンです。

 

リース債権からは確実に利益があることが見込まれているので、金融機関も安心して融資ができるのです。

 

なぜなら、機械や設備をリースをしている企業からリース代金を回収できない場合には、そのリースしていた機械や設備を引き上げればいいだけですし、売買することで負債の軽減も見込めます。

 

金融機関からは他のローンやクレジットカードなどの回収と比べても低リスクだと思われているのです。

 

きわめてリスクが低く、安定的な安全性があるために投資家の間でも重宝されているようです。

 

 

続きを読む≫ 2014/06/23 15:19:23

他社の借り入れがなく、自分が借りたい金額が50万円以下なら、所得証明書も必要ありませんので、スピーディーな「web契約」が良いでしょうね。
しかし、借り入れに関して何らかの相談があったり、ブラウザでの操作に慣れていないのであれば、対面でアドバイスを受けることができる「店舗契約」の方が、スムーズに審査を通すことができると思います。

 

パソコンと電話応対だけで入金までが進む

「web契約」は、ブラウザ上のフォームに必要事項を入力して、書類もファイル送信することができるため、手続き的にはパソコンやスマートフォン上で完結します。その後で、かかっている本人確認などは、電話応対になりますね。

 

店舗契約のメリットは?

基本的にどこのお店も、10時〜18時の営業となっています。駅前の繁華な場所などでは、20時まで営業のお店もあります。
初めて借り入れを考えている人から、他所での借り入れがある人。または住宅ローンなどほかの大口の契約がある場合などに、窓口で直接相談して申し込みするケースが多いようです。
プロミスの契約では、クレジットカードのショッピング枠や、住宅ローンなどの借り入れ枠は「他社での借り入れ」にカウントされませんが、心配なら相談してみると良いでしょう。

 

続きを読む≫ 2014/06/23 15:17:23

アクセスした数